躊躇するな

先日銀座で645N IIを持ったアメリカ人のフォトグラファーさんに声をかけられました。

T-MAX 100で色んな国々で撮影しているとのこと。

撮り合いしましょう、ということになって、こちらはCFV-50cで3枚。

彼の希望の構図になるように位置など決めて撮り始めたのですが、躊躇なく少しずつアングルを変えながらバシャバシャと5枚。その後もういっちょ、な感じで1枚。

今までにも取り合う事は何度もあって、相手が120フィルムの時は多くは2枚。稀に3枚、という印象でした。

大切な被写体ならともかく、私を撮るだけなのでその程度で十分です(笑)フィルムも決して安くないですし。

なので645とはいえちょっとびっくりしたのですが、撮りたいと思う気持ち以外の理由でシャッターを切る枚数を減らすのは良くないよな、と改めて反省した瞬間でもありました。

金額的に辛いのなら135にすればいいし、120で撮るのなら、躊躇せず、妥協せず、撮りたいように撮る。

どうしても120フィルムでは枚数を気にしてしまっているので、今後はもう少し感情に任せてみようと思います。

そして645N II。中判でAFも付いて、中古でボディとレンズで12万程度。こういうスタイルも良いなと思いました。

img_1990


コメントを残す

*