印象

一般の方を撮ったり、撮影中に周囲に一般の方がいらっしゃったりする際に「すごそうなカメラ」「本格的なカメラ」「専門的なカメラ」というような印象を持たれるのは未だに「サイズの大きなカメラ」だな、と思います。

まあ、解りやすいのだとは思います。実際キヤノンやニコンのフラッグシップ一眼レフは大きいですし。

そしてそれが相手にとっての何らかの安心感に繋がるのであれば良いことでもあります。

ただ、小さくても必要十分な機能を搭載したカメラも沢山あります。

そういったカメラでの撮影がもし上記の反対の印象を持たれてしまうのであれば、それはちょっと残念な事ですし「そうではない」という事もお話していくべきだなと思います。

撮る側に撮っては機材が小さい、軽いという事はとても有り難い事ですからね。


コメントを残す

*