驚き

写真を保存しているハードディスクを整理していた時、偶然2009年にLumix FT1で撮った写真たちを見つけました。

FT1は1210万画素、1/2型CCD。当時ディンギーに乗っていた事もあり、防水のデジカメが欲しくて買いました。

今回偶然見つけて開いた時、かなり驚きがありました。

2009年のコンデジだから今から見たらそれなりに色々ダメなんだろうなと思っていたのですが、予想をはるかに上回るシャープさでした。

ISO80ではありますが当時のCCDでこれだけの記録が出来たのだなあと。

高感度で撮った写真たちはやはり残念な状態でしたが、低感度の写真たちはとても良い感じでした。

ディンギーに乗らなくなってから使っていなかったのですが、今一度晴れた日の散歩の時にでも持ち出してみようかと思います。

オリジナルをアップしようとしたら容量制限にひっかかったので、少しだけ小さくしました。

 


コメントを残す

*