理想型

これはカメラに限った事ではないと思っているのですが

「初心者ほど理想的な環境、機材に囲まれて作業すべき」

と考えます。

作業する人間の能力がまだ高くないうちは、環境や機材がそれを補ってくれると習熟もスムーズですし、なにより

「何が理想なのか」

を体感できる事が大切だと思っています。

理想的な状況を理解していれば、そうではない環境や機材しかない状況になっても向かうべき方向は解りますし、それが解っていれば「どう補えばそっちへ進めるのか」を見定められます。

逆に、近づくべき理想型が解らなければ、何をする事が補う事になるのかさえ分かりません。

よく、熟練の人が理想的ではない環境でも工夫する事でより良い成果をあげたりしますが、それは何が理想型なのかを経験して理解しているからだと思います。

見学するだけでも違うと思うので、出来るだけ理想的な環境、機材に触れて欲しいなと思います。


コメントを残す

*