カメラやレンズを変える事で写真が変わる、と言われています。

もちろん物が違えば、必ず何かしらの差はあります。

でも、一番大きく差が出るのはやはり「撮影する人」だと思います。

人が変われば、たとえ同じ機材でも、上がってくる写真はかなり違います。

そういう意味では、機材を変える前に自分をどれぐらい変えられるのかを考えるのもとても大切だと思います。

同じカメラを使って複数の人が撮影した写真を展示する類のイベントでその写真たちを見るたびに、そう思います。


コメントを残す

*