卒業

スマートフォンなどからもっと高価なカメラに移行したいと考える理由の1つが「ボケ」だと思います。

肉眼ではそのように見えない事もあり、ピントの合っていない部分がボケている写真は印象も良いでしょう。

カメラ購入の相談を受ける際にも「背景がボケている写真が撮りたい」とおっしゃる方は多いです。

もしそれが最初の目的であれば、どんどん撮ると良いと思います。

十分に楽しんで頂きたい。

でも、個人的には

ボケている写真がボケていない写真よりも良い、というイメージはなるべく早めに卒業して、どちらも並列的な選択肢の1つと考えられるようになって欲しい

と思います。

何をどんな風に撮りたいからボケさせる、ボケさせない、という風に考えらえるようになると良いなと思います。


コメントを残す

*