別物

撮影する人にとって、使用するカメラによって精神的な違いがあるのは当然だと思います。

自分を鼓舞してくれるカメラがあるとするならば、それはとても幸せな事です。

でも、それは撮る人にとって、なのであって撮った写真を見る人には関係がありません。

見る人に対して「〜を使って撮りました」が写真そのものよりも先に来るのであれば、それはもう撮影という行為の目的自体が別物なのだと思います。

そういう楽しみ方はもちろんあって良いと思います。

でも、別物だと私は思います。


コメントを残す

*