簡単

時々、性能の良いカメラについて

「簡単に写真が撮れてしまってつまらない」

という趣旨のセリフを見聞きします。

でも、それは

「このワープロソフトは文字が簡単に打ててしまってつまらない」

と言っているのと同じではないかと私は思うのです。

誰のためにどのような文章を書くのが良いのかを考えて、それを何度も加筆修正してよりよいものにしていくのがワープロソフトを使う目的とするならば、文字を打つという行為はできるだけ簡単であって欲しいはずです。他にやること、考えることが山のようにあるからです。

撮影も同じで、なにをどのように撮りたいのか、についてより良い日時、場所、構図等考えること、準備する事等山のようにあります。その時自分が撮りたいと思う写真を出来るだけ簡単な手間で撮り、写真を撮るという行為以外の部分を出来るだけより良いものにしなければなりません。

なので、そのような事を私に言われた時は

「たぶん、本当に撮りたいと思える被写体にまだ出会えてないのではないでしょうか」

と聞くようにしています。

より良い写真にしたいと思えるような被写体であれば、そうするためにはどうすればよいかと考え、あれこれと試行錯誤し続けるわけで、写真を撮るという行為自体は出来るだけ簡単であって欲しいと思えるのではないかなあと考えます。

 

もちろん、カメラの楽しみ方なんて人それぞれなので、その人が楽しいと感じる事が一番大切です。


コメントを残す

*