飽きる

趣味で写真を撮っている人で、時々聞くのが

「撮影するのに飽きてしまった」

があります。

飽きてしまった理由は人それぞれですが、その1つに

「撮りたいものがなくなった」

があると思います。

これは、取り敢えずその時に「手軽に」撮れる被写体を撮っていたからではないかと思います。

ようは特に撮りたいわけではない被写体。

それだと、撮れる物を一通り撮ってしまうと、やることが無くなってしまうのも無理はありません。

そういう方にお話するのは

「撮りたいと思う被写体を見つけましょう」

です。

撮りたい被写体であれば撮るまでの過程にも難しさがあるでしょうし、写真そのものも「より良く撮りたい」という欲求もあるはずです。

そう簡単には飽きないでしょう。

「撮れる、ではなく、撮りたい」

を考えると良いかなと思います。


コメントを残す

*