想い

そういえば、CP+のニコンブースで流れていた映像の中に

 

写真は思い出ではなく誰かの想い

 

というフレーズがありました。

もちろん記録としての思い出でもありますが、その写真をその時その場所で撮ろうと決めたその人の想い。

その想いを誰かに伝えたくて、知って欲しくて、共感して欲しくてシャッターを切るのかもしれませんね。


コメントを残す

*