真似できない

写真に限らず、他の人には真似できない作品を作る事はとても大切だと思います。

ただ、他の人が真似できない事として安直に思いついてしまうのが「年数と回数」です。

何年やった、とか、何回やった、など。

もちろんそれらも真似できない事ではありますが、もし本当にそれだけだとすると「努力賞」になってしまいます。

やっぱり作品の中身で評価されたいわけで、それらだけではない何かが必要不可欠なのだと思います。

常に考えなければならないテーマです。


コメントを残す

*