目的

RAWで撮るのかJPEGで撮るのか、という趣旨の話はいつもネットを賑わせています。

個人的には「そんなのそれぞれの人が好きすれば良い」と思っていますが、趣味で写真を楽しんでいて、まだあまり慣れていない人にはRAWを勧めています。

撮影に慣れていないと、気にすべき事全てに気が回りません。

構図やタイミングなどは見たままなので気にしやすいですが、露出や色については後手になりがちです。

イベントなどの撮影で再度撮影ができないような写真なのに、イメージよりも暗く撮ってしまったなんてこともあるでしょう。

そういう場合にRAWで撮っておけば、自分のイメージに後から近づけられる可能性がより高くなります。

せっかく撮った写真をボツにしなくて済むかもしれません。

そうやって少しずつ経験を積みながら、失敗のない撮影が出来るように練習していく事ができます。

 

もちろんRAWを現像するための知識や経験が必要ですが「気に入る写真を手にいれる」のが目的なのであれば、トライする価値は十分にあると考えています。


コメントを残す

*