甘受

展示している写真を観ている人が、写真を観る事は早々に切り上げて他の事(カメラやレンズを聞いたり思いっきり近づいて解像感を確かめたり)をしだしたのなら、その人にとってはその写真はあまり観るに値しないのだという事実を甘受すべきだと思っています。

自分が写真展に行って写真を観ている時もそんな感じですし。

様々な人たちの様々なリアクションを拝見したり、可能ならお話を聞いたりして自分の写真への糧とさせてもらえるのも写真展の魅力の1つです。

ただ、それは「気に入られる写真とは」を考えるのではなく「伝わる写真とは」を考える機会だと思っています。

伝わった上でそれを受けての皆さんがどう感じるかはそれぞれですが、そのためにはまずはこちらの意図が伝わらないと話が始まっていない事になります。

日々精進です。


コメントを残す

*