もっと凄い人たちがもっと凄いレベルで既にやっているから、こんな程度でやっても評価はしない。

という言い分は基本正論だとは思うのです。

凄いレベルじゃないのに凄いレベルをなぞろうとしている図は、特にそう思います。

でも、別のレベルにいるから出来る別のレベルでの表現もあるんじゃないかな、とも思うのです。

それらを一括りにして「くだらない」と切ってしまうのは違うんじゃないかな、と。


コメントを残す

*