それとは違う

写真をベースにして、複数枚の写真を重ねたり歪ませたり切り取ったり様々な加工を施して目的の画像を造る事は可能です。

でも、それは「絵」とは根本的に違うんじゃないかな、と思います。

鉛筆でも筆でも、風景をモチーフにして自らの手で描いていく絵には「写実的ではない」素晴らしさがあると感じます。

実在するパーツを重ねたり加工したりするのは、根本的にやっている事が違うのではと思います。

羨ましいというとまた少し違いますが、全く別の魅力を感じ、とても素敵だと思います。


コメントを残す

*