前回のブログの続きです。

お台場への道順を筆談で伝えると、スペイン人の彼がフォトグラファーという職業について聞いてきました。

筆談で(笑)

その中で、

「自分の撮った写真をどこかの会社に見てもらう際にネットにアップしておくのが簡単だとは思うが、その写真を誰かに無断使用される可能性があるから躊躇している」

と言っていました。

私の意見として伝えたのは

「ネットにアップした写真を完全に守る事は難しい。アップする際は割り切るしかない。あなたの写真のテイストを会社さんに知ってもらうという趣旨であれば、万が一盗用されても誰かに迷惑がかかるといった問題にはならない写真をアップするのがよいと思う。その可能性は常にあると考えるべき。」

でした。

もちろん今回の趣旨なら、プリントを持っていって見せるとか直接写真を相手に送るなど、様々な可能性もありますしね。

 

ネット越しではなく目の前にいるのに、結構込み入った話を20分ぐらい筆談するという、新鮮な体験でした(笑)

 

 


コメントを残す

*