写真を読む夜

代官山 北村写真機さんで開催されている「写真を読む夜」

鬼海弘雄さんがゲストということで参加しました。

写真と言葉との関係や、個性が表現されている写真についてなどご自身のお考えを沢山お話いただきました。

 

「ただシャッターを押しただけの写真には何も写らないものだと気付いた時が写真家としての始まりの時だ」

というお話にはとても共感しました。

個性とは、表現とは、これからも考え続けていかねばと思います。


コメントを残す

*