絵と写真

先日、道で絵を描かれている方とお話をしました。

その場所で描くのは4回目なのだそうで

「家に戻って見直すと、気に入らないところが見つかっちゃうんだよね」

その方がイメージしている抽象的なワードがあるのですが、それを絵として表現するのが難しい、とのこと。

写真も同じで、技術的に綺麗に撮るというレベルではなく、「想いを写す」というのはとても難しいと思います。

まさに撮影者の人としての力がそのまま出てしまう部分でしょう。

その方からとても良いパワーを頂きました。


コメントを残す

*