イライラ

インスタで、時々いいねしてくださる方が、とあるカメラで撮っているとプロフィールに書いていて、その写真たちを見たいと思ったのにアカウント名が分からない。

自分が投稿した写真にいいねしてくださっている方々から手動で探るも、見つからない。

イライラ。


悔しくない

圧倒的な差を見せつけられると、悔しいとか追いついてやるとか考えなくなります。

それはある意味絶望なのかもしれませんが、そういう意欲が全く湧かないような状態。

積み上げた年月、積み上げた努力、積み上げた熱量。

どうにもならない。

その差を出来るだけリアルに受け止めつつ、自分がやりたいこと、出来る事をやっていくしかない。

 


きてない

先日カメラのセミナーをさせて頂いた際、少しだけ引き気味な写真を見た時に

「あれ、これピントがきてないですね。」

と言って等倍にしたところ、やはりピントが合っていませんでした。

すると、参加されている方が

「あの状態でそれが判るんですか?」

と少し驚かれていました。

自分的には割と明らかに合っていなかった写真だったのですが、見慣れていない人には判りづらいのだなと改めて思いました。

こういう感覚のズレを認識する事も大切ですね。


チェキだし

正方形チェキが発売されて話題です。

基本デジカメなのでデジカメとしての評価をする事自体は別に良いと思うのですが、チェキである事が大前提だと思うのです。

なのに

Wi-Fiはないのか、USBでデータは送れないのか、などなど、普通にデジカメとしての要望が散見されます。

だったらデジカメ買えばいいのに、と思います(笑)

チェキを使うつもりがない人には不要なカメラ、ですよね。


それとは違う

写真をベースにして、複数枚の写真を重ねたり歪ませたり切り取ったり様々な加工を施して目的の画像を造る事は可能です。

でも、それは「絵」とは根本的に違うんじゃないかな、と思います。

鉛筆でも筆でも、風景をモチーフにして自らの手で描いていく絵には「写実的ではない」素晴らしさがあると感じます。

実在するパーツを重ねたり加工したりするのは、根本的にやっている事が違うのではと思います。

羨ましいというとまた少し違いますが、全く別の魅力を感じ、とても素敵だと思います。


狭い

先日銀座で会った建築物を撮っている海外のカップルさんと、今日渋谷でまたバッタリ。

あちらは観光、こちらは仕事帰り。

なんか狭いなあと(笑)


下手

話に一本スジが通っておらず、話題がポンポン飛び回る。

文章をある程度で区切る事なく永遠に1文章のように話し続ける。

本筋だけ話せばいいのに「こういう可能性もあるにはあるんですがそれは今置いておいて」みたいなエクスキューズを本筋を妨げるように沢山突っ込む。

 

説明能力というのは誰にでもあるものではないので、無い人は精進して能力を身につけて欲しい。

話したい内容を話したい様に話すのは説明ではない。


その通り

以前テレビでとある俳優さんが

売れている人は常に批評され、売れなくても良いなどと言っている人は常に誰かを批評している

という趣旨の事を言っていました。

本当にその通りだなと思います。

その方も「常に批評される側でありたい」と言っていましたが、そうあるべく精神的に精進せねばと思います。


素直に嬉しい

カメラやレンズやフィルムやデジタルやらは関係なく、

あなたの写真が素敵です。

と言って頂けるのは本当に嬉しい。

1人でも多くの方にそういう印象を持って頂けるよう頑張りたい。


ちょっと意外

仕事でとある観光地へ。

修学旅行生がひっきりなしに訪れていました。

しばらく見ていたのですが、写ルンですを持っている子が想像以上に多かったです。

そして、その観光地の複数の売店でも写ルンですが売られていました。

チェキと写ルンですは売り上げ好調と聞いていましたが、その片鱗を垣間見た気分でした。

そういえば、もうすぐ正方形チェキ発売ですね(笑)


実は楽

とあるグループの中で自分の現在の能力が客観的に見て低いレベルであると、変な勘違いをして自信過剰になる事もなく、目指すべき高いレベルの人たちを間近で見れて効率よくレベルアップも測れます。

もちろん事あるごとに劣等感というか、自分のレベルは低いなという現実を叩きつけられますが、自分のレベルアップが目的ならば、そういう環境は実はとても楽な場所だと思います。

身の程をわきまえつつ上を目指す。

出来そうで難しいです。


遅過ぎない

この歳になって「こんな事も知らなかったのか」と自分の無知に落ち込む事があります。

でも、落ち込んだところで知らなかったという事実が無くなるわけでもなく。

知る事が出来た事に感謝して、その知識を今後に活かす。

知らないままより良い。

何かに接する事も、何かを始める事も「遅過ぎる」という事は基本的には無い。

 


もっと凄い人たちがもっと凄いレベルで既にやっているから、こんな程度でやっても評価はしない。

という言い分は基本正論だとは思うのです。

凄いレベルじゃないのに凄いレベルをなぞろうとしている図は、特にそう思います。

でも、別のレベルにいるから出来る別のレベルでの表現もあるんじゃないかな、とも思うのです。

それらを一括りにして「くだらない」と切ってしまうのは違うんじゃないかな、と。


銀座でお話を聞くと、時々日本をとても褒めて下さる方がいます。

それはもう最上級の褒め言葉で。

とても光栄に思うと共に、その方がそのように思ってくれるような事をしてあげた人たちにもありがとうと伝えたいです。

そして私も、そのような人たちの1人となるべく誠実に接していきたいと心から思うのであります。


それまでの事

プロモーション能力に長けている人が、それによって話題になるのはよくあることで。

上手いなあと思う事もしばしば。

でも、それによって話題になったので、内容が追いついていない事もしばしば。

時間稼ぎをしてその間に追いつく努力をするのなら分かりますが、そうでないならかなり短命。

刹那的な方法だと思っています。

 


甘受

展示している写真を観ている人が、写真を観る事は早々に切り上げて他の事(カメラやレンズを聞いたり思いっきり近づいて解像感を確かめたり)をしだしたのなら、その人にとってはその写真はあまり観るに値しないのだという事実を甘受すべきだと思っています。

自分が写真展に行って写真を観ている時もそんな感じですし。

様々な人たちの様々なリアクションを拝見したり、可能ならお話を聞いたりして自分の写真への糧とさせてもらえるのも写真展の魅力の1つです。

ただ、それは「気に入られる写真とは」を考えるのではなく「伝わる写真とは」を考える機会だと思っています。

伝わった上でそれを受けての皆さんがどう感じるかはそれぞれですが、そのためにはまずはこちらの意図が伝わらないと話が始まっていない事になります。

日々精進です。


譲って頂く

(作家さんに)「作品を譲ってもらう」

というフレーズの時の「譲る」は「購入する」事で、でもお金を支払う事よりも「入手させてもらう」事の方に重きを置く無粋にならない言い回しだとずっと思っていました。

実際私の周りでもそのように使われてきていました。

でも「作品を譲ってもらった」と言うと「え!もらったの?」と言われる事が最近続いて、あれ、そうでもないのかな?

と思っている今日この頃。

個人的にはこの「譲って頂く」という表現、上品でとても好きなんですけどね。


目的

何の為に写真を撮っているのか。

私にとっては、誰かとのコミュニケーションです。

やりとりをする事を通して、素敵な写真を撮りたい。

なので、人を撮っているにも関わらず、相手に撮っている事を伝えない類の写真には興味がありません。

何らかの信頼関係の上に成り立つ写真。

仕事でも、パーソナルなフォトプロジェクトでも、それが根本にあると思います。


懐に優しい

六本木のフジフイルムスクエアで正方形チェキを見てきました。

背面液晶で撮った写真の確認、エフェクト追加や削除が出来て、ファイルはUSBにコピーも可能だそうです。

写真にしたいファイルだけ選択して命令。

以前、ドキュメンタリーカメラマンさんの写真展に伺った時、途上国で子供達をチェキで撮ってあげると、とても喜ばれるとお話されていました。ただ、相手と自分用に2枚ずつ撮っていくと結構な金額なんですよね、とも。

SQ10なら、自分の分は必要ないし、出す前に確認出来るので失敗した写真も無くなります。

そういった使い方だと出費が抑えられるな、と思いながら本体から写真が出てくるのを眺めていました。


2Lでいいから

自分で撮った写真をプリントした事がない人、最近は結構いると思います。

PCやスマホで見れちゃいますからね。

でも、2Lサイズでいいから、もちろん量販店とかにある機械でプリントするやつで十分なので1枚プリントしてみるといいと思います。

写真の印象が結構変わると思うのです。

データと「物」の違いは体験しておいて損はないと思います。


数じゃなく

SNSに写真を投稿する際、何かしらのタグ付けをします。

私も当初は「より多くの人に見てもらうには」を基本にしてタグを付けていました。

でも今は「こういうタグで探す人たちに写真を見てもらいたい」という考えでタグを付けています。

それによっていいねの数が減ったとしてもそれが見て欲しいと思っているマーケットでの反応なので、その状態からどうすべきかを考えれば良いのだと思っています。

いいねの数「だけ」を増やすのなら、方法はいくらでもありますから。


繋がり

築地で偶然お会いした絵描きさんが、絵だけでなく版画も個展を開かれていると伺い、お願いをして版画の1つを譲って頂きました。

大衣サイズの版画で、素敵なバーを描いたものです。20年以上前に作られた作品です。

偶然の出会いからご縁で素敵な作品を譲って頂くところまで繋がるなんて、当初は思いもしていませんでした。

こういう繋がりを大切にしていきたいと思います。


目的

RAWで撮るのかJPEGで撮るのか、という趣旨の話はいつもネットを賑わせています。

個人的には「そんなのそれぞれの人が好きすれば良い」と思っていますが、趣味で写真を楽しんでいて、まだあまり慣れていない人にはRAWを勧めています。

撮影に慣れていないと、気にすべき事全てに気が回りません。

構図やタイミングなどは見たままなので気にしやすいですが、露出や色については後手になりがちです。

イベントなどの撮影で再度撮影ができないような写真なのに、イメージよりも暗く撮ってしまったなんてこともあるでしょう。

そういう場合にRAWで撮っておけば、自分のイメージに後から近づけられる可能性がより高くなります。

せっかく撮った写真をボツにしなくて済むかもしれません。

そうやって少しずつ経験を積みながら、失敗のない撮影が出来るように練習していく事ができます。

 

もちろんRAWを現像するための知識や経験が必要ですが「気に入る写真を手にいれる」のが目的なのであれば、トライする価値は十分にあると考えています。


目抜通り

GINZA SIX のムービー。

今までに沢山の映像も曲も体験してきているのに、それなのに、こんなにドキドキする事があるのか、と思うような作品です。

早くフルコーラスが聞きたいし、MVもフルコーラスで見たい。

久々に心が動かされています。


正方形チェキ

発表されましたね。

普通のチェキは物理的にちょっと小さいなと思っていて、ワイドはカメラがちょっと大きいなと思っていたので、丁度良いサイズなのかもしれません。

また、基本デジカメなので、これまでよりも追い込みが楽になりそうです。

楽しみです。


ご縁

銀座で、一脚を使って撮っている外国のおじさまがいたので何を撮っているのかなと思い声をかけました。

そこから、ご一緒されていた奥様との写真を撮らさせてもらったり私が普段とっている写真を見せたところ、

君はプロなのか、よかったら私と一緒に東京の観光名所をいくつか回って撮影をしながら話をしてもらえないか。

とご提案を頂きました。

後日、お互いのスケジュールを合わせて半日ほどワークショップをさせてもらいました。

それぞれの場所で、撮影する際に気をつけていることや私なりの各種設定の優先順位や動かし方などをお話。

また、銀座で私が撮ったご夫婦の写真を奥様がとても気に入って頂いたのだそうで、ランチをしながらどうやって現像したのかなども具体的にお話しました。

これまでに彼が世界中で撮ってきた写真も拝見し、その際の色々なお話も伺えてとても素敵な時間でした。

 

もし彼が一脚を使っていなかったら、私は声をかけていなかったと思います。

そんな偶然からこんな繋がり、広がりもあります。

ご縁に感謝です。

 

 


苦笑

昨日、道を歩いていたらとある新聞社のカメラマンさんが超望遠レンズと脚立を持って歩いていました。

少し歩くとまた別の新聞社のカメラマンさん。超望遠レンズと脚立。

アジアの情勢に色々動きがあったので少しだけ不安になり、

「すみません、さっきも(とある新聞社)の人も見かけたんですが、今日この辺りで何かあるんですか?」

と真剣な調子で聞くと、その方が苦笑しながら

「ああ、今日夏日なので、街中の様子を撮っているだけなんですよ。」

 

「ああ、なるほど」私も苦笑。


真似できない

写真に限らず、他の人には真似できない作品を作る事はとても大切だと思います。

ただ、他の人が真似できない事として安直に思いついてしまうのが「年数と回数」です。

何年やった、とか、何回やった、など。

もちろんそれらも真似できない事ではありますが、もし本当にそれだけだとすると「努力賞」になってしまいます。

やっぱり作品の中身で評価されたいわけで、それらだけではない何かが必要不可欠なのだと思います。

常に考えなければならないテーマです。


ありがたい

以前銀座で撮り合いっこしたスイスの方が、彼がハッセルで私を撮影してくれた写真を六つ切にプリントして送ってくれました。

「わざわざ」感が半端ないわけで。

彼は今壮大なフォトプロジェクトを進行中なので日本にはなかなか来れないですが、来た暁にはもてなしまくるよ、と伝えてあります。

素敵な写真をありがとう。


想像する

もう20年ぐらい前かと思いますが、当時お世話になっていた方に言われた言葉。

倒れては困るものは、それ以上倒れないように置く。

落ちては困るものは、それ以上落ちないように置く。

これも想像力、だと思う。